札幌日ハム好きの自毛植毛済親父

ファイターズ、自毛植毛、札幌のこと

コラーゲンなんて育毛・薄毛に効かない

コラーゲン入りの育毛剤・育毛シャンプーが売られている。

こんなの効くわけがない。

コラーゲンってのは現在では口から摂取したり皮膚の上から塗りたくっても体内の栄養としては全く蓄積されないことがわかっている。
体内への直接注射か、体内で自力で作り出すかのどちらか。

だからコラーゲン入りの育毛剤(BUBKAブブカなど)は効かない。
全く意味がない。

そもそもコラーゲンが髪の毛にいいっていうエビデンスが無い。
無い無い尽くしだよ。

ノコギリヤシなんて効かない

ノコギリヤシ入りの育毛剤(チャップアップ)とか育毛サプリメント(ボストン)がバカ売れしてるらしい。
でもさ、ノコギリヤシなんて効くわけないんだよねえ。

ノコギリヤシDHTを阻害するって理屈は一応わかるよ。
DHTブロッカーとしてぎりぎり成り立つ効果はあるんだろう。

でもさ、ノコギリヤシ派が論拠に出す「1日320mgノコギリヤシを摂取したらDHT生成が抑えられたっていう論文」。
あれそういう論文じゃないから。

ノコギリヤシとフィナステリドを比較した論文の真実

1日320mgのノコギリヤシを摂取したら38%の人が改善。
1日1mgのフィナステリドを摂取したら68%の人が改善。

って論文だからね。

これ読んだら普通は「ノコギリヤシなんて効かないからフィナステリド飲もう」ってなるはずなんだけど、
育毛剤や育毛サプリメントを売りたい連中は「ノコギリヤシが効いた!」って話に持っていこうとする。

しかもノコギリヤシの方は薄毛が改善したって言ってもごくわずか。
特におでこの生え際には全く効果が無かったって結論付けられてる。

全然フィナステリドに太刀打ちできてない。
そら当たり前だよな、フィナステリドは医薬品なんだから。
効果が全然違って当たり前。

でもその医薬品よりも高くて効果が無い育毛剤の方に飛びつく人の方が多いってどういうことなんだろうね。

経口摂取と頭皮にかけるのは効果が違う

あの論文はあくまで経口摂取で1日320mgのノコギリヤシを摂った実験。
だから育毛剤ノコギリヤシを髪の毛に塗ってもさ、それがどんだけ毛根に浸透するのよ?って話。
ぶっちゃけ頭皮を通り越して毛根の毛細血管に入り込んで毛乳頭細胞に到達するのってごくごく僅かじゃないの。

で、こういう育毛剤に都合に悪いことをチャップアップとか勧めてるブログは一切触れてないよね。
なんで?なんで触れないの?

しかもチャップアップとかノコギリヤシの含有量(どれだけ含まれてるか)すら公表していない。
もしかしたら100mgぐらいかもしれないじゃん。
なんでみんなチャップアップの薄毛効果なんて信じてクソ高い金を払ってるのか理解できない。

ノコギリヤシなんて眉唾

フィナステリドの方が2倍以上の確率で発毛効果があって、さらに生え際・頭頂部と全体的に効き目が見られているという客観的事実がそこら中に転がってるのに、またうさんくさい育毛剤やら育毛サプリメントを勧めるブログに騙されて何万も何十万も使う人がいるって悲しいね。

そのお金を全部貯めて自毛植毛やった方がいいよ。
自毛植毛までは無理ならせめてフィナステリド・プロペシア
ノコギリヤシなんて眉唾ですから。
効くわけない。
こんなもんに貴重な人生を犠牲にしてる人がかわいそうだ。

チャップアップもボストンも効かないから。
無理。

食生活の改善で薄毛が治るなんて嘘

嘘だらけの育毛食事療法

  • ワカメや昆布食ったらミネラルが補給されるので薄毛が治る

嘘。

  • 豆腐や納豆などの大豆製品をたくさん食べるとダイズイソフラボンを大量に摂取できるので薄毛が治る。

嘘とまでは言えないがダイズイソフラボンをちょこっと摂ったぐらいで薄毛が治るわけない。

  • 髪の毛はタンパク質で出来るので肉や魚を〜

嘘。関係ない。

髪の毛がケラチンで出来ているから、良質なタンパク質をたくさん食えみたいなアホなブログがたくさんある。
適当言うなよ。
あのねえ、ケラチン不足で髪の毛が抜け落ちるほどタンパク質やアミノ酸が不足してたらその前に栄養失調で死んでるから。

  • 血液をサラサラにすれば毛乳頭細胞が活性化して〜

嘘。男性ホルモンDHTをブロックしないと薄毛の進行は止まらない。

食事なんかで薄毛は改善しない

規則正しい生活すれば薄毛が良くなる!なんて書いてあるブログは全部でたらめ。
そんな実験結果は1つたりとも発表されていない。
全部素人の思い込み。

AGA(男性型脱毛症)の原因は男性ホルモンDHTがヘアサイクルを狂わせるからであって、それ以上でもそれ以下でも無い。

もちろん育毛サプリメントや育毛シャンプーや育毛剤でも薄毛は改善しない

だから薄毛を防ぐにはDHTをブロックする必要があり、DHTをブロックするのにノコギリヤシなんてサプリやシャンプーや育毛剤で摂っても無駄。意味ない。金と時間の無駄。つまり人生の無駄。

DHTをブロックするのに科学的に効果があると立証されているのはフィナステリドとデュタステリドのみ。
これらはどちらも医薬品なので、育毛剤や育毛シャンプーでは取り込めない。

医薬品を飲むか、自毛植毛するか。
このどちらかしか薄毛を改善する術は無いんだよ。
育毛剤を売りたいだけの業者にみんないつまで騙されるんだろうね。
かわいそうに。


食事の改善なんかで薄毛は絶対に治らない。
自分の人生なんだから適当なブログに騙されたらいけないよ。

FUTとFUEの傷の違いを比較

結論を先に言うとFUEは傷が無いが、FUTは長い線状の傷が残る。

左がFUTの傷跡、右がFUE(引用)。
http://www.farhatbokhari.com/wp-content/uploads/2013/06/fue-fut.png

FUTの傷

FUT法は後頭部の耳から耳にかけてぐるっと線状の傷ができる。

トリコティフィック縫合のように追加料金を支払わなくても特殊な縫合をしてくれる紀尾井町クリニックなら話は別で、ほぼ傷は目立たない。
1000グラフト程度の植毛であればほとんど目立たなくなる。

しかし、一般的な自毛植毛クリニックであれば通常の縫合をするので傷がどうしても残っちゃうんだよね。
これがFUTの最大のネック。
FUTの傷を見て自毛植毛を断念する人がたくさんいるらしい。
まあ仕方ないよね。
あの傷を施術前に見せられちゃうとそら人間躊躇します。躊躇しないのは何か頭がぶっ飛んでる人だけ。

FUEの傷

FUE法はよっぽど酷い手術でなければ、傷は残らない。
ほとんど傷にならない。
よーく見ると一部生えてこない小さな円があるよね、ぐらい。
ひどく下手くそで設備も古臭いのを使っていれば別だが、そういう病院はほぼまともな自毛植毛クリニックに駆逐されてる。

傷を残したくないならFUEがお勧め

FUTとFUEの傷の違いを比較するとこんな感じになる。
よほどハゲが進行しちゃってメガセッション(大量の植毛)するならFUEでもそれなりに傷が残る。
でも基本的にFUEなら傷がほとんど目立たないと思ってもらって構わない。

傷のことを気にするならFUE一択。

高かろう悪かろうのニードル式自毛植毛

もう2017年だっていうのに未だにニードル式植毛(Choi式植毛法)をやっている植毛クリニックが地方にはたくさんあって、大変腹立たしい思いをしている。

安かろう悪かろうならまだ許せる。
高かろう悪かろうな自毛植毛は、もう最悪を通り越しているだろう。

最悪よりも悪いものを指す日本語あるのかどうか知らないが、とにかく最悪を通り越している。
そのぐらいニードル式自毛植毛は酷い。
ありえない。

生着率が低すぎる

今時、生着率が50%程度の自毛植毛が存在するのが信じがたい。
だって2グラフト取ったらそのうち1つは確実に定着せずに無駄になっちゃうんだよ。
ありえないでしょ。

薄毛が進行してただでさえドナーにできる髪の毛が少なくなっているのに、そのうちの半分は定着せずに捨てられる運命にあるような自毛植毛を、20年前ならともかくFUTもFUEも世に出て定番となった今ですら選ばざるをえない地方の何も自毛植毛を知らない人たちがかわいそうでならない。

生着率は85%を超えて当たり前。90%をどのくらい超えて100%に近づけるかにシノギを削っている世界や東京の先進的な自毛植毛クリニックがある一方で、生着率50%程度で何十万ものお金と50%もの定着せずに捨てられるドナーを薄毛患者から取るクリニックはいますぐに自毛植毛から手を引くべきだ。

大量植毛は時間がかかりすぎて無理

ドナー採取と植え込みを同時にやるニードル式植毛はその作業の分担制の悪さから効率が悪い。
FUTのようにメスでばっさり頭皮を切り取り大量にドナーを採取し、それを医師以外がグラフト単位に分割し、植え付ける、という3ステップが独立していた方が効率がいい。圧倒的にいい。作業を分担できるのでメガセッションも容易だ。

それに対してニードル式は一人の医師が採取と植え付けを交互に1グラフトずつ行わなければならない。
だから遅い。時間がかかる。
時間がかかるから費用も高くせざるをえない。
高かろう悪かろうの元凶はここにある。

植え付ける密度が低くて不自然な仕上がりになる

頭頂部ならともかく生え際の密度が低いと異常に不自然な仕上がりになる。
何か人工的な、異様な生え際になってしまうのだ。
ニードル式植毛はどうしてもその構造上、植え込み時に密度が低くなってしまいがちだ。
だから不自然な生え際になってしまう。

その他のニードル式植毛のデメリット

痛い。
目立つ傷が残る。
グラフトの選択性が低いのである部分はびっしり、ある部分はすかすかになりやすい。
いいこと無し。

ニードル式自毛植毛は植毛界の地雷

ニードル式自毛植毛だけは絶対にやってはならない。
Choi式植毛法として韓国で生み出された前時代的な植毛法であり、
高くて質が低いものにお金と大切なドナー毛根を費やしてはならない。
デメリットだらけ。失敗だらけ。

ニードル式自毛植毛だけは絶対にやめとけ!

札幌、雪祭り2017

本当は明日からのはずだが会場は既に大にぎわい。

気温が0度超えて至るところで滑る人が続出中。

観光客の人は気をつけてくださいね。

札幌(っていうか地方)でFUEやってるクリニックがまだあんまり無い件

FUEは一回で大量に植毛できないっていうデメリットもあるが、傷跡が残りづらく短い髪型にしても仕上がりが自然なのでバレるんじゃないかっていう心理的なプレッシャーがほとんど無いらしい。

FUTだとしょっちゅう後頭部を鏡で確認して傷跡が目立っていないか確認しないとならんのよねえ。
それから散髪屋・美容師さんにはカミングアウトする必要あるし。

散髪屋のおっちゃんって結構ズケズケ聞いてくるのよね。
「この傷どうしたの?事故か!?」とか。
髪切って飯食ってるプロならその辺は察してくれよ…っていつも思う。

まあ理髪店って他に客があんまりいないから別にいいんだけど、美容室とかは最近行ってないけどだいたい隣で知らないお姉さんが髪切ってもらってるよね。そういう状況で「傷どうしたんですか?」とか聞かれると困る。

FUEにすればよかったなあって後悔する瞬間。
まあ俺の毛髪量だとFUTしか選択肢は無かったんだけど、最近はメガセッションとか言って4000本ぐらいFUEでガツンと移植したりもできるようになってるらしい。

地方ではまだFUE法でやってない

でも札幌でFUEやってる植毛屋さんは無いらしい。
札幌に限らず地方は厳しいっすね。

FUEやってる病院はだいたい東京・大阪に集中してて、後は福岡と仙台、名古屋にちょこちょこある程度。
技術レベルとしてはFUTもFUEもそこまで劇的な差は無いので、それだけFUEで必要な技術が日本に浸透してないってことなんだろう。

やっぱり選択肢が少ないのはよくないことだ。
FUT法でしか施術してないクリニックに行っちゃった人はFUEの存在を知らないまま自毛植毛するわけで。
FUTとFUEを公平な目で比較して自分に適した植毛法を提案してくれるクリニックに行ったほうが絶対にいい。

スポーツ刈りぐらいの長さなのにFUTしちゃうと手術後に今までとは全く違う不自然な長さのヘアスタイルに変えないといけなくなって、職場の女の子にヒソヒソ声で「最近部長さん変な髪型だよね」とか言われそう。

早くFUEが地方でも浸透して欲しいと願う。